TOP / ニュース / 【福岡営業所】フィンランド・北カレリア

ニュース

News

2020.06.19

  • 海外現地レポート
  • 福岡営業所

【福岡営業所】フィンランド・北カレリア

【視察フィンランド・北カレリア】

2019年11月11日~11月16日から6日間

利用航空会社:フィンランド航空(成田ーヘルシンキーヨエンス)

          

フィンランドの南東部からロシアの北西部にかけて両国の国境付近に位置する街「カレリア」へ視察に行きました。

今回訪れた北カレリア地方では、フィンランドの国内でも観光地・教育旅行先として注目されています。

前半の2日間は学校施設を主に見学し、後半の2日間はコリ国立公園付近のゲストハウスやユースセンターを訪問しフィンランド・カレリアならではの学校生活の様子やアクティビティを体験しました。

④.jpg ②.jpg ③.jpg ①.jpg

カレリア地区

北カレリアはフィンランドの東側、ロシアとの国境付近に位置する湖水地方の街です。

カレリア地区は長い間フィンランドとロシアの戦争に巻き込まれてきました。

現在の国境が決められたのも第二次世界大戦以降なので、現在のロシア領内にもカレリア地方の伝統的な文化や言語が残る地域があるそうです。

そんな歴史的な背景からフィンランドとロシアの2つの国の文化が融合したカレリアの街は、歴史的な面だけでなく、教育視察先としても興味深い地域でした。

⑤.JPG

街づくり

合理的なデザインなのだと思いますが、ほとんどの学校や幼稚園が市内中心地から徒歩圏内にあり、学校や街の公共施設が便利な立地にあります。

施設を使う全ての市民にとって優しいパブリックスぺ-スという考え方を優先させているのだそうです。

冬の時期は夜が長いので、室内で過ごす時間が長くなります。

そんな室内生活を快適にすごす為に、人にやさしいユニバ-サル・デザインが採用されているとお聞きました。

移動方法

今回搭乗したフィンエアーは、福岡からヘルシンキまでの直行便が週3便(4月から10月まで)就航しています。

日本から一番近いヨーロッパとして、日本でもフィンランドをプロモ-ションしています。

上記の期間外(冬期11月〜3)は直行便がない為、大阪、名古屋、成田空港を経由してヘルシンキまでの移動となります。

ヘルシンキから北カレリアまでの移動方法は国内線で65分です。

環境問題を考えCO2排出の少ない列車旅も可能で、ヘルシンキから電車で4時間です。SDG'sなどの研修テーマとしていかがでしょうか?

研修受け入れの実績

2019年夏に中国から200人の団体が北カレリアに訪問したそうです。

その際はヘルシンキからバス6台で移動しました。日本の学校から北カレリアへの訪問はまだ実績はありませんが、中国を始め、スペインやイタリアなどのヨーロッパ諸国からは多くの団体が北カレリアを訪問しています。

学校訪問だけでなく、ゲストハウスやユースセンターでは、昔ながらの道具を使った火おこし体験をはじめとした、サバイバル・アウトドアの授業や、チームビルディングを目的とした体を使ったアクティビティのプログラムが用意されています。

夏期であればサイクリング、冬であればクロスカントリーの体験学習が可能で、カレリア料理のクッキングクラスも実施可能です。

ホームステイに関してはまだ受け入れ実績が少なく、少人数(19名以下)であればホームステイの受け入れが可能です。

※今後ホストファミリーを増やしていく計画だそうです。

20名以上の滞在の場合、ゲストハウスやユースホステルを利用することがあります。

ただし同世代交流を目的として、ゲストハウスやユースホステルにカレリア地方の学生やスタッフを招待し、交流会の設定やゲストハウスに一緒に滞在してもらうことが可能です。

---------------------------------------------------

フィンランド・カレリア湖水地方のご案内については、今後数回に分けてご報告します。

次回以降は

・学校(幼稚園・小学校・中学校

・アクティビティ (コリ国立公園)

・宿泊場所            等を紹介して参ります。

ご質問・お問い合わせ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

(株)アサヒトラベルインターナショナル 福岡営業所

電話:092(753)7791 Emailmurasato@ati-jp.com