語学留学

語学留学は、進学語学留学短期語学留学体験留学の3種類に分けられます。

進学語学留学 ~海外の大学への進学に向けた語学トレーニング~

進学語学留学受け入れ先の教育機関は私立の語学学校の他に、大学やカレッジの付属学校があります。大学・カレッジに入学するには一定のTOEFLのスコアが必要になります。大学での授業は教授のレクチャーと教科書の内容が主になります。大学では会話力と読解力が不可欠になりますので、そういったスキルを語学学校で磨くことになります。

短期語学留学/体験留学 ~気軽に行けて、短期間に語学力を伸ばせる~


短期間(1週間~)ホームステイすることにより、留学や海外生活を気軽に体験できるプログラムです。当社では年間を通していつでも体験留学を受け付けております。留学準備期間も短くてすむため、思い立って行きたい時に比較的簡単に留学することができます。また、友人同士など、グループでの短期留学も可能です。またホームステイを体験するだけでなく、ホームステイと小旅行をプラスしたプランなどご希望に応じて、旅行の手配や旅行事情に精通したスタッフによる情報を提供しております。

~短期語学研修でどんな事が学べるのだろう~

3週間や4週間の短期語学研修で実際、どんなことを見につけて帰国するのだろう。研修地ではもちろん英語のみの生活になりますから、“英語を聞いて話す”ということは避けることが出来なくなります。そういった環境の中できっと英会話の仕方のヒントを得ることが出来るかと思います。例えば、単語を並べて相手に自分の意思を伝えようとする時、自然と手や体を使ってジェスチャーをしながら話をするなど。また、滞在中に現地で友達が出来たことで英語がもっと好きになったなんて事も良く耳にします。ホームステイ・プログラムでの参加の場合、たとえ数週間という短い滞在期間でも得るものは大きいです。数週間のも間、日本とは違った文化・習慣を直接自分の肌で感じるのですから。海外で生活する中で現地の事をたくさん学ぶほか、相手が日本の事を聞いてくることが多いです。日本の文化、生活の様子を写真など使って相手に伝えることにより、自分が住んでいる国をもっと実感することもしばしばあります。短期語学研修では英語を学ぶ以上に、毎日の生活で感じる些細なことが、あなたにとって掛替えのない体験になることだと思います。


体験留学:“英語の先生の家でホームステイ”編

英語教師の資格を持った先生の家にホームステイしながら英会話のプライベートレッスンを受けます。何よりも、ホストファミリーである先生が各生徒の語学力を理解し、家族の一員として迎えてくれるので、家族やその友人とも交流が深められ、その国の習慣や文化を直接学ぶことが出来ると言えるでしょう。下記はある生徒さんによる体験談です。

『忘れられない思い出』

体験留学 英語の先生の家でホームステイ私は、2週間オーストラリアのゴールドコーストで“先生の家でのホームステイ”のプログラムに参加しました。短い期間でしたが、とても充実し、思い出に残る2週間でした。午前中は、現地高校の臨時教員をしているホストマザーが、英会話を中心にマンツーマンで私のレベルにあった授業となりました。クラスとは違い、わからないところもすぐに質問でき、よかったです。午後は、午前中に学んだ英会話を生かし、ホストマザーと一緒にスーパーに買い物に行き、夕飯の支度を手伝ったり、学校から帰宅したステイ先の子供達やその友達と一緒にスポーツをしたりして、過ごしました。また、休日はホストファミリーとその友人や親戚の方達とバーベキューをしたりして、とても楽しかったです。オーストラリアでの日常生活“オージー・ライフ”にとけこむことができて貴重な体験ができました。授業は午前中だけですが、先生の家でホームステイをしたため、1日を通して実際の日常生活に基づいた英会話の練習ができてよかったです。また、マンツーマンで教えてもらえたため、英語を人前で話す恥ずかしさがなくなりました。はじめはオーストラリアの英語は特徴があるので不安でしたが、先生はきれいな英語を話していましたし、オーストラリア独特の英語の発音方法も教わることができ、おもしろかったです。帰国する日は、悲しくて涙がとまりませんでしたが、ホストファミリーとは再会の約束をしました。今回は短期間でしたが、英語力の向上以外にも、いろいろな人との出会いや交流を通じて、自分の視野が広がったことがとてもうれしかったです。これからもホストファミリーや滞在中に友達になった方々との出会いを大切にして、次回オーストラリアに行った時は、英語でいろんな話ができるようにがんばりたいと思います!

語学学校での生活

現地でどのような毎日を送るのだろう。
毎日の生活はそれぞれ異なると思いますが、下記の1日を参考にして下さい。

午前

起床後、朝食をとってから、学校へ向かいます。だいたい朝食のメニューは、シリアルやトーストといった簡単なものが多いようです。月曜日から金曜日は、毎朝だいたい9時より学校が始まりますので、ホストファミリーの家から徒歩、バス、ホストファミリーの車で送り迎えといった様々な形で学校へ通います。午前中は英会話を中心としたクラス、リーディング、ライティングなどの授業をレベル別で受けます。世界各国からの留学生とも友達になれるので、国際感覚を身に付けるのに絶好の場です。ディベート(討論)のクラスなどもあり、自分の意見をしっかりと発言しなくてはならない場面も多くあり、日本とは違う授業スタイルを見ることができます。イギリスやオーストラリアでは、午前中に『モーニングティータイム』などのブレイク(休憩時間)があり、生徒さんにとても人気です。

午後

だいたい13時頃、ランチタイムになります。それぞれホストファミリーの家から持参したサンドイッチや果物、ジュースなどを食べます。家庭により自分で用意したり、作ってもらったりと様々です。午後は、特別授業といった形で、特殊なクラスに参加をしたり、アクティビティなどに参加することができます。一例としては、現地の幼稚園や高齢者施設に訪問し、文化交流などを楽しみます。また、スポーツなども楽しむことも出来ます。だいたい15時ころには、授業は終了し、その後それぞれ帰宅します。夕食もホストファミリーの家でいただきます。1日の報告をするなど会話をする良い機会ではないでしょうか。

週末

週末は、ホストファミリーと終日過ごします。ホストファミリーと一緒に近くの海や山に出かけたり、ショッピングを楽しんだり、家の掃除やガーデニングなど家庭によりさまざまな週末の過ごし方があります。ホストファミリーとの時間が、生活の中で一番英語や文化を学ぶとてもいいチャンスかもしれません。

Message from ATI (Asahi Travel International)

国や地域、受入れ教育機関により、それぞれと特徴がありますので事前に調べておくことが必要です。どこのご家庭も皆さんを本当の家族として受けて入れてくれますので、自分からも積極的に家族に溶け込もうとする努力をすることで、貴重な体験を多くすることができるはずです。


    AIUの直前チェック AIUの海外旅行保険 キャッシュパスポート 三井住友銀行 外貨宅配サービス