ドバイ視察ツアー

2016年10月11日(火)~10月16日(日)の6日間で、ドバイ政府観光局主催の視察研修に参加しました。
ドバイは、現在急速に変化を遂げており、砂漠と隣り合わせに真新しい煌びやかなビルが立ち並ぶという、全く新しい世界観を見ることができる都市です。人口は200万人ですが、ドバイ人は全体の10%、残りの90%は外国人という異国情緒漂う都市でもあります。また、ドバイは「世界一」という言葉が大好きで、ドバイに行くとたくさんの世界一を体験することができます。

関連
ドバイだけじゃない!研修旅行下見レポート


ドバイ写真展

世界一広い国際空港

世界一広い国際空港

世界一高い建造物「ブルジュ・ハリファ」

世界一高い建造物「ブルジュ・ハリファ」


世界一高い建造物「ブルジュ・ハリファ」夜景

世界一高い建造物「ブルジュ・ハリファ」夜にはプロジェクションマッピングを見ることができます。


ブルジュ・ハリファの最上階レストランからの眺め。125Fです

ブルジュ・ハリファの最上階レストランからの眺め。125Fです


世界最大の人工島「パームアイランド」

世界最大の人工島「パームアイランド」


世界一大きいテーマパーク「IMG ワールド・オブ・アドベンチャー」

世界一大きいテーマパーク「IMG ワールド・オブ・アドベンチャー」


世界最大規模のショッピングモール「ドバイモール」

世界最大規模のショッピングモール「ドバイモール」


世界最大のアクリルパネルの水槽を有するドバイ水族館

世界最大のアクリルパネルの水槽を有するドバイ水族館


世界最大の噴水「ドバイ・ファウンテン」。噴水の高さは最高で150mにもおよび世界一

世界最大の噴水「ドバイ・ファウンテン」。噴水の高さは最高で150mにもおよび世界一


この他にも、世界最大の屋内スキー場の「スキー・ドバイ」や世界最長の無人鉄道「ドバイ・メトロ」、世界一美しいと言われるスターバックスなど世界一がまだまだたくさんあり、これからも造られ続けていくことでしょう。

エンターテインメント溢れるドバイではありますが、情緒あふれる地もたくさんあります。

市場(スーク)の食器のお店

市場(スーク)の食器のお店

市場(スーク)のランプのお店

市場(スーク)のランプのお店

旧市街(バスタキヤ)の街並み。歴史的建造物保護地区です。

旧市街(バスタキヤ)の街並み。歴史的建造物保護地区です。


SMCCU(シェイクモハメッド・センター・フォー・カルチュラル・アンダースタンディング)。イスラム料理を食べながら、英語でイスラム文化の説明を聞いて文化体験ができる、人気のプログラムです。

SMCCU(シェイクモハメッド・センター・フォー・カルチュラル・アンダースタンディング)。イスラム料理を食べながら、英語でイスラム文化の説明を聞いて文化体験ができる、人気のプログラムです。


人気のアクティビティのデザートサファリも体験しました。4WDで砂漠をドライブし、綺麗な夕陽と砂漠を見ることができます。その後、砂漠のキャンプでBBQやアラビアンナイトを楽しむことができます。

人気のアクティビティのデザートサファリでは、4WDで砂漠をドライブし、綺麗な夕陽と砂漠を見ることができます。その後、砂漠のキャンプでBBQやアラビアンナイトを楽しむことができます。


ヘリコプターツアーからの市内の眺め

ヘリコプターツアーからの市内の眺め


世界中のデザインの建物がドバイに集まっています

世界中のデザインの建物がドバイに集まっています


ドバイは今でこそ、煌びやかな新しい都市として知られていますが、このような都市になったのはごく最近のことで、50年前はほとんどが砂漠に覆われたただの漁港にすぎませんでした。1966年にドバイのファテ油田で石油が発見され、石油国家の一員となりましたが、石油保有量はアブダビなど他の産油国に比べ非常に少なかったことから、「原油に依存しない国づくり」が政策に掲げられ、原油から得た利益を基に世界一都市としての基盤作りが進められていきました。

視察者の所見

このような経緯により急速な発展を遂げたドバイは、新旧混合された見どころ満載の都市であり、また歴史を学ぶことによりさらに理解を深めることができるので、研修旅行におすすめです。ビーチも近いので、綺麗な海でゆっくりする時間も確保できますし、学生向けのカジュアルでアットホームなホテルも続々とオープンしています。イスラム文化を肌で感じながら、規格外の建築物に触れ、中東の雰囲気を存分に味わうことのできるドバイは、学生の研修旅行に最適な国だと思います。

営業部 和泉


    AIUの直前チェック AIUの海外旅行保険 キャッシュパスポート 三井住友銀行 外貨宅配サービス